築年数の古い住宅の屋根にも設置可能か?

太陽光パネルは意外と重量があるため、強度が足りないと設置できないことも。
3キロワットの太陽光パネルを設置すると、架台も含め300キログラム以上となり、古い建物の場合には補強などが必要になることがあります。

また、建物の上部に重量物を設置することになるため、地震の際にバランスが悪くなり、揺れが増幅します。場合によっては建物全体の耐震補強工事が必要になることもあります。

カテゴリー: 太陽光発電について | タグ: , , , , , , , , , , | 築年数の古い住宅の屋根にも設置可能か? はコメントを受け付けていません。

屋根の向き、取り付ける向きで、どの程度発電量が変わってくる?

真南の発電量を100とすると、45度斜めになると約95、90度(真東・真西)横だと約85の発電量となります。
北側は発電量が60程度と極端に落ちてしまうため、通常は設置しません。

カテゴリー: 太陽光発電について | タグ: , , , , , , , , , | 屋根の向き、取り付ける向きで、どの程度発電量が変わってくる? はコメントを受け付けていません。

「セル」「モジュール」とは?

セルは、太陽光発電の基本単位で、太陽光発電素子のこと。
このセルを並べて、ガラスなどでパッケージ化したものをモジュールと言います。

一般的に「太陽光発電パネル」と呼んでいるのは、このモジュールのことです。

カテゴリー: 太陽光発電について | タグ: , , , , , | 「セル」「モジュール」とは? はコメントを受け付けていません。